意外と知らない家族葬の流れ

初心者のための家族葬情報サイト

最近、都市部で需要が高まっている家族葬には、ハッキリとした定義があるわけではありませんが、参列者を家族や近親者といった身内だけに限定するため小規模になるという特徴があります。
そして人数に関しては、5名~10名程度になる場合が多いほか、30名程度の規模になるケースもあります。
参列者として呼ぶ範囲については、特に決まりはあるわけではないため、家族だけの場合や、近親者・友人・知人を含む場合もあると言えるでしょう。

家族葬の定義とは

家族葬の定義とは 最近、都市部で需要が高まっている葬儀スタイルとして家族葬がありますが、従来の葬儀とはどう違うのか分からないという方も多いでしょう。
家族葬にはハッキリとした定義があるわけではありませんが、従来の葬儀と比べると参列者の人数を少なく制限するということが大きな特徴になっています。
これは、参列者を家族や近親者といった身内だけに限定するためであり、人数にすると5名~10名程度の規模になる場合が多いと言われています。
ただし、家族以外の近親者を含める場合は30名程度まで人数が増えることもあります。
そして、どこまでの範囲を呼ぶのかということについては、これも特に決まりがあるわけではなく、遺族の希望によって決めることができます。
ですので文字通り家族だけで行う場合や、近親者・友人・知人などを呼ぶ場合もあると言えるでしょう。

家族葬の内容

家族葬の内容 日本ではかつては葬儀といえば自宅で実施し、大勢の弔問客が訪れて大規模に実施されることが多い傾向にありました。
しかし時代の流れとともに葬儀そのものも変化が生じており、現代では自宅で実施するよりも斎場などで実施することが増えてきており、葬儀についても仏教式の一般的な葬儀よりは、規模の小さい家族葬が主流になりつつあります。
そんな家族葬の内容についてですが、基本的には家族または少数の親族のみで実施することが基本であり、少人数制の葬儀といった特講があります。
また固定観念にとらわれず、無宗教形式のお別れ会のような形式で実施したり、仏教式でもお通夜と葬儀の二日間実施するのではなく、一日でまとめて実施してしまうケースなども出てきています。
さらには戒名などもなく、斎場に僧侶を派遣してもらってお経だけあげてもらうといったことも可能ですし、もちろん仏教でなく神道やキリスト教式など、他の宗教で実施することも可能です。
それでも家族葬というと、やはり無宗教のものが多い傾向にあり、故人の好きだった音楽などをBGMとして流したり、祭壇も一般的な仏教式のものではなく、花だけを飾ったものや故人の思い出の映像を流すなど、故人のことをゆっくり偲ぶことができるオリジナリティのある形式の葬儀も可能となっており、少人数で小規模なため、一般的な葬儀と比較してコストも抑えられるというメリットもあります。

家族葬関連お勧めリンク

群馬県の各エリアにある家族葬の葬儀場・斎場・お葬式場です

群馬県対応の家族葬の葬儀場・斎場・お葬式