意外と知らない家族葬の流れ

アクセサリーは控えめで

アクセサリーは控えめで

アクセサリーは控えめで 家族葬は一般的な葬儀とは違って、家族をはじめとする限られた人だけが参列をすることになっています。そのためアットホームな雰囲気のなかで亡くなった人を偲ぶことができるのが特徴といえます。しかし家族葬とはいっても、服装やアクセサリーなどは従来の常識の範囲内にしておくのが無難です。家族葬でも僧侶を菩提寺から読んで読経を上げてもらったり、参列者が霊前において焼香をするのが普通ですので、内容的には一般の葬儀とほとんど変わりがありません。
したがって女性の場合は黒系統のワンピースやスーツなどにしておくのがマナーで、アクセサリーも極力はずして、華美にならないようにすることが必要です。ただし真珠のネックレスなどは悲しみをあらわす涙の象徴として認められるのが普通です。もしも真珠でも気になるという場合にはブラックパールを用いた弔事用のネックレスなどもありますので、ワンポイントとして着用しておくことが考えられます。

「メイクは薄め」は家族葬でも一緒

「メイクは薄め」は家族葬でも一緒 近年では大掛かりな葬儀よりも家族葬で済ませる方が増えています。とは言え故人をしめやかに見送るということには変わりはないので、親しい身内だけだからと非常識な対応は慎まなければいけません。女性の場合特に注意をしなければならないのがメイクで、喪服を着ていても普段と同じ化粧では派手すぎる印象を与えてしまうこともあるため、葬儀にふさわしいメイクをきちんと理解しておくようにしましょう。
家族葬と言えども薄めに仕上げるのが大前提で、パールやラメなどは厳禁です。ベースの肌作りをしっかりと行ってしまうとどうしても目元や口元も濃くなってしまうので、肌色を整える程度に仕上げハイライトなどで艶感を出すのは控えます。眉は太すぎたり短すぎると明るく活発なイメージを与えてしまうので、暗めの色で整える程度にしアイシャドーもブラウンやベージュを選びまつ毛はあまり強調しすぎないようにします。唯一色を添えても良いリップですが明るい色やグロスなどは控えベージュ系で仕上げましょう。