意外と知らない家族葬の流れ

初心者のための家族葬情報サイト

家族葬にふさわしい服装

家族葬にふさわしい服装 家族葬は家族や親族など、生前故人と親しかった方とごく少ない人のみで行われますが、服装には守るマナーがあります。
宗教にそって行うときには、家族葬といえども一般の葬儀と同じような服装となります。
喪主や配偶者など近親者は男性の場合はモーニングコートや紋付袴、女性は黒の無地ワンピースやアンサンブル、スーツや着物を着用します。
参列者の場合は喪主や配偶者など近親者よりも格式が下の装いをします。
男性の場合にはダブルかシングルのブラックスーツ、女性の場合には黒無地や透けすぎない素材のワンピースやアンサンブル、スーツを身に着けます。
無宗教葬では平服で参列してくださいというメッセージがあっても普段着ではなく、ダークグレーや紺などのシックな色の服装を着用します。
アクセサリーは基本は結婚指輪のみとなります。
真珠はお悔やみの場にふさわしいアクセサリーです。
身に着けるときには、一連真珠のネックレスにします。
二重の真珠のネックレスでは不幸が重なるといわれているため避けるようにします。

家族葬に列席する際の装飾品

家族葬に列席する際の装飾品 家族葬は、遺族と遺族や故人が参列を望む親族や知人に限られていますが、従来の葬儀と同様に喪服を着用しての参列が望ましいとされています。
和装の喪服は、一般的には装飾品はいけませんが、洋装の喪服は月の涙や涙の象徴」とも言われている真珠のネックレスやイヤリングなどの装飾品が望ましいとされていますが、家族葬は遺族の意向に異を唱える参列者はいないので遺族の意向で普段着で葬儀を行う場合もあります。
家族葬は、密葬が名を変えた比較的新しい葬儀で明確な定義が確立されていない現状に加え、音楽葬やジャズ葬など従来の慣習にとらわれない自由な葬儀で執り行われる事が多く、服装や装飾に対しても厳密なマナーは少ないと言えます。
家族葬は、参列者が非常に少ない事で精神的にも肉体的にも遺族の負担が軽減出来る事や葬儀費用が著しく安価な事が大きなメリットであり、従来の葬儀の様に参列者も事細かなマナーにこだわる必要が無いのもメリットです。