意外と知らない家族葬の流れ

初心者のための家族葬情報サイト

家族葬は喪服?礼服?

家族葬は喪服?礼服? 家族葬は、遺族と限られた親族や知人の気心の知れた内輪で実施される規模の小さな葬儀形態ですが、一般的な従来の葬儀と同様に葬儀や結婚式及び入学式などの冠婚葬祭全般で着用可能な礼服の着用が常識としているサイトが多くあるのが実情です。しかし、近年では従来の葬儀とは全く異なる形態のジャズ葬やお別れ会などの家族葬が行われており、冠婚葬祭全般で着用可能な礼服や礼服の1つとされる喪服を着用しない葬儀も増加傾向にあります。

現在の葬儀は、金儲けを目的として寺院と葬儀業界が作り上げて来た葬儀から離反したセット価格の葬儀や僧侶の介在しない葬儀などが行われていますが、従来通り特別な事と認識させたい寺院や業者は現在も礼服や喪服の着用を義務の様にサイト上に記載しています。特に関東圏では、規模の小さな家族葬が葬儀の主流となっただけで無く、霊安室から通夜や告別式を行わ無いで火葬場に向かうゼロ葬の割合が6件に一件まで増加しています。その為、礼服や喪服を必要としない葬儀も増加傾向にあります。

私服で家族葬に列席するのはアリか?

私服で家族葬に列席するのはアリか? 家族葬と言っても基本的には普通の葬儀と同じです。ドレスコードは原則として普通の葬儀と同等と考えた方が良いでしょう。よって私服での参加は基本的にアリではなくナシです。特に成人の男女がカジュアルな装いで参加すれば誤解されるのは確実でしょう。

ただし家族葬の中にはあえて遺族の方々が故人の意向を汲んで、参列者の負担を減らすため私服でむしろ参加してください、と案内する事があります。そして近年ではその傾向がより強くなって来てます。親しい間柄の人々しか参加しない家族葬は、良い意味でカジュアルな雰囲気で故人を偲ぶムードを作りたいと考える遺族の方々も多いです。

私服でご来場下さいといった趣旨の場合はむしろカジュアルな服装で行く事がマナーとなります。逆にそういった場合に喪服で行くと逆に反感を買いますので遺族の意見には従った方が賢明です。カジュアルな装いとはいえ派手過ぎるコーディネートは厳禁であり、黒や灰色や藍色などの上下にしましょう。