意外と知らない家族葬の流れ

初心者のための家族葬情報サイト

家族葬でやることは?

家族葬でやることは? 家族や親しい人のみで故人をお見送りをするのが家族葬ですが、やることは一般葬と同様に通夜と告別式の両方をおこなう場合と、一日葬という形をとり告別式のみ行う場合があります。
一日葬は通夜を省略し、火葬と告別式のみ執り行うので最低限の葬儀でなるべく費用をかけたくない人や一般的な葬儀ではスケジュールや体力に限界があるという方にお勧めです。
ただし、菩提寺さんによっては一日葬を受け入れていない場合もあるので、事前に確認しておくとよいでしょう。
家族葬の葬儀の流れは、故人がなくなられたら自宅、斎場へご搬送、ご安置の後で葬儀スタッフと打ち合わせをして、通夜や告別式の日時が決まったら参列者へ連絡します。
その後、通夜や告別式を行い、出棺、火葬となります。
火葬している間に家族や親族と食事を共にしてお骨上げを行います。
一通り事が済んだ後には、お世話になっている菩提寺さんによっては初七日などの法要をこの日に済ませることもあります。

家族葬の流れ

家族葬の流れ 近年、葬儀をする際にはお金をかけず近親者のみで故人とのお別れをする「家族葬」が選ばれることが多いですが、その進められ方は一般的な葬儀とおおむね一緒です。
しかし、一般的な葬儀の流れと比較するといろいろと簡素になっている部分があります。
亡くなった後、家族葬を選ぶことができる葬儀社に依頼をしたら、親族や故人の知人への連絡や役所への届出などを済ませた後、納棺の儀式を行って遺体を棺におさめて、斎場にて通夜を執り行います。
納棺をした時間が早ければその日の夜が通夜となり、遅ければ翌日に執り行います。
通夜の翌日は午前中から日中までの間に告別式を行い、その後火葬場まで移動して火葬を行って斎場に戻ります。
ここまでで葬儀はほぼ終了ですが、家族葬ではこのあと斎場で少し休憩をしたあと初七日法要を本来行うべき時期より繰り上げて実施するケースや、そのまま骨箱や位牌などを持って墓地や寺院へ移動し、納骨式を済ませてしまうケースもあります。